「熱交換塗料ネオコート」のカラーバリエーション

| トラックバック(0)
  ―方法原理の違いが「濃色塗装」を可能にする―

遮熱塗料(高日射反射率塗料)」のカラーバリエーションは「反射効果」に的を絞っている関係上、基本的に白を基調とした淡色系の色調が多くを占めている。これに対して、「熱交換塗料ネオコート」は、混色によってあらゆる色味、色調をカバーする事は勿論、方法原理の違いから、限りなく黒色に近い「濃色塗装」を可能にしている。「遮熱塗料(高日射反射率塗料)」では、不利と思える「黒い屋根」「黒い壁」の選択が可能となる。
「特殊混和剤(熱交換分子)」が配合されているために塗面がマット調(艶消し)になる事を不適切としない限り、屋外用機能性塗料としての広範囲な色の選択が可能となる。
こうした、「塗色による遮蔽効果への影響」を受ける事の少ない特質も含め、「熱交換塗料ネオコート」は、「熱遮蔽を目的とした機能性材料としての役割」を確実に果たしていると言える。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.neocoat.jp/mt-tb.cgi/20