「熱交換塗料」の熱遮蔽効果の持続性

| トラックバック(0)
―遮熱原理の違いによる「半永久効果」―
イメージ 1
反射型材料の遮熱効果が、汚れ、キズに伴う経年変化とともに減衰して行
くのに対して、「熱交換塗料」は、塗膜が剥離しない限り、理論上、「半永久
的な効果の持続」が可能と考えられます。塗布面に大気中、雨水中の汚れが
堆積しても、熱の遮蔽効果が大きく阻害される事は有りません。
キズや、カーボン状の厳しい汚れであっても、その影響を極めて受けにく
い塗料なのです。この事は実験によって立証されていますし、そもそも「路
面に対して応用できる」という事実は、まさにその証です。

夏は涼しく!冬は暖かい!節電対策塗料

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.neocoat.jp/mt-tb.cgi/19